ドヤ顔でドル箱シェイクやめてくれないか

パチスロ百万長者 第5回
2014年も明けて百万企画も第5回目になったぞ。
過去4回の収支は184,000円とまずますの成績じゃないか。
この調子でさらっとゴールに到達してもらいたいぜ。
今回はAkkyだ。
4回ぶりの登場だがめちゃくちゃ勝ってくれよな。

まえがき

この企画、ちょっと出来すぎじゃない?
現時点で既に18万勝ち。
もちろん、最終的には勝ちたいんだけど、
ほら、この手の記事って負けたほうが面白いじゃん。

よっしゃーー!!有り金全部エウレカ2にぶっこめーー!!
だが、断る。

負けるのはテツさんでおなしゃす。
仮にも「スマートに勝ち続けるリーマンスロッター」がこの僕です。

今日も勝つ気マンマンです。

しっかし嫌な予感がする。

朝寝坊した上にドアんとこにつま先ぶつけて
すげー痛かったところからして嫌な予感がする。

前半戦

スタッフ先輩「ついたよーー。どこいけばいい?」

僕「えーっとですねぇ。とどのつまり。寝坊しました!!!」

スタッフ先輩「は???」

という、今日の実践の為にせっかく駆けつけてくれた
スタッフ先輩を怒らせてスタートした今日の実践。
抽選時間には間に合ったものの、
見事並びの人数が既定の300人を超えていて抽選が受けられないという事態に。

しかたがないので、
設定が期待できそうな都内の某店があったので、そちらへ移動することに。

遅刻した上に抽選も受けれず移動となり、
スタッフ先輩に「帰っていいかな?」と言われたのはいうまでもありません。
ほんとうにごめんなさい。

さて、到着した並び順のこちらのお店。
今までの傾向からすると、今日は看板機種に設定6を何台か投入。
気前がよければオール高設定コーナーがあるというような寸法。

リセット台を調べつつ、
最初に腰を下ろした台は、ハイスペックのバジ2。

15分後に
「1万で200Gしかまわらないとかもう1だよ1!!」
と叫んで、次にリセットを確認した北斗転生へ。

こちらも1470あべしとか、設定低濃厚なところで当たるしすぐやめ。

どうしたものか。
これは厳しい。


しかし打てる台がない。
良さそうなあの台はしばらく空かなさそうだし。

どうしようどうしようとうろついていたところ。
731GB2R4というNEWアイムジャグラー発見。

この店、結構ジャグに6使うんだったよな。

うーん。他に打つ台ないし、
ちょっとこれ打っておこう。


という甘い気持ちで着席。

1400GでB7R9

1400GでB7R9

いやいや、オレ自分で打っておきながら、
せっかくの休みにジャグぶん回すとかちょっと厳しいわ。
ATで楽しく上乗せとかしたいわ。
エアリアルラッシュとかやりたいわ。

スタッフ先輩もまさか僕が手堅くジャグなんて打ってるとは思ってもなかったらしく
「どこ行ったの?店じゅうさがしてもいないんだが」とメールが来る。
先輩の頭からジャグの島が完全にかき消されている。

どうする?
まてよ、ブドウ確立はどうだ。

1/5.50・・・。


強すぎだろおいwww

「やめる理由」ばかり探しておりましたが、
その気持ちと裏腹に挙動は高設定の可能性があがるばかり。
ブドウも良好。REG確立がどんどんあがる!
B7R14


REG
ってREGしか引いてねぇ。

ゴンザさんの言うバケラッシュってやつか。
ってやかましいわ!

今日は多分そういう日なんだと思う。

後半戦

ニコ生を早朝4時まで配信して寝不足の僕としては、
眠くて眠くて目が覚めるくらいBIGが来て欲しい訳なんです。

ここでリスナーから教えてもらったとっておきのオカルト打法を伝授しよう。

その名も

「開眼打法だ」

目を閉じてジャグのレバーを叩くのだ。

そして、「ガコッ!」って音ともに目を開け!

いいか!「ガコッ!」がくるまで目は開けちゃいけないんだぞ!絶対にな!

という打法だ。
ツッコミどころしかないとか、そういうのはさておき、

この開眼打法が功を成したのか、気が付けば順調にボーナス回数が伸びているではないか。

瞳を閉じ・・・。
眠ぃ・・・ハッ!寝ちゃった!!・・・って光ってるじゃねーかよww!!
眠っ・・・・『ガコッ!』 ビクンッ!!

とか茶番をやっている間に4000GでB15R22まで伸び、うまい事出玉もついてきているではないか。
っていうか当たりすぎじゃねぇか?

B15R22

久しぶりにジャグの高設定も楽しいなぁ、このまま伸びてくれれば今日も快勝!


であった。
うん。そうなんだ。
そうはいかなかったのだ。


2300GでB1R3の1000ハマリという隣の極悪台に奴は座ってきた。


打ち方が変というか、挙動が変と言うか。
いるよねーたまに。
隣に座ったとたんソワソワ、ソワソワ。

そっか、この人はきっと貴重な休みの日にスロットを存分に堪能したいんだな。
いいじゃないか!
自分の世界に入ってさ、どっぷり楽しみにつかって、思い切りリアクションとって打ったりしても。
人に迷惑じゃない程度にね。

きっと平日は誰かのために一生懸命働いて疲れただろうし、
日中パチ屋にきたからにはそりゃぁ発散したい気持ちも分かる。

そう思って暖かい気持ちでそっとしておこうと思ってたんだ。

でもどうしても気になってしまい。というか視線のようなものをガンガン感じてしまい。

…あんまり絡まれたくないから横目でみたら、GOGOランプが光った後、
何故かそのままそろえずにリーチ目出して、
ビールのCMの矢沢永吉みたいなおいしそうな顔でこっち見てるのよ。

2000枚

勘弁してくれないかな。マジで。
(以降、矢沢とします)


そんでBIGそろったと思ったら、両手で台を指差しして
「ゲッツ!」してるのね。

矢沢はおいしそうにBIGを堪能しながら
「さいっっこうだね!」
と言わんばかりにうなずきながら消化しだす始末。

っていうかこっち向きながら消化する必要あんのかな?


数十分後、壮絶な違和感がオレを震撼させる。

さっきまでジャグとは思えないハマりを繰り返していた矢沢の座ったその台が、
見事に綺麗な「平らな履歴」を完成させ、光り輝いているのである。

なんでさっきまで1000とかハマってた台がボコボコ100G以内で当たるんだよ!

こればっかしはまったく理解できない。
スロッターとしても、プログラマーとしても。

・・・いや、分からないのはジャグではなく、
となりでロックンロールしながらメダルをかき出す矢沢である。
ドヤ顔でドル箱シェイクやめてくれないか。

そして次にやってきた違和感。

奴が来てから、俺の台が明らかに出玉を飲み込み始めているのである。

いやいや、これは高設定だから大丈夫。
そう思ってブドウの確立を念のために確認すると。

1/6.41 !!?

おそろしいことに、ちょっと前まで1/5.5だったブドウ確立が、
見事に収束しているではないか。

店的に考えれば6の可能性は十分にあるんだけど、
もういいわ。

・ブドウ確立が普通になってきた(悪いわけではない)
・矢沢がうるさい
・なんか。BIGこない。ハマる。
・矢沢にいろいろもってかれた。
・よさそうなエウレカ2があいた。

やめたやめた!!
んよし!エウレカ2打とう!
良さそうなエウレカ!

「よさそうなエウレカ(通称よさレカ)打ってればスロなんか簡単に勝てるわ」
ってインターネッツで聞いたことある。

右肩上がりだし、通常時ATも何回か見たし6でしょ!!

エウレカセブンスランプグラフ

何故だ!!何が間違っていたんだ!!
コンスタントに右肩上がりだったのが嘘かのような滑り台。

失った!!!何もかも!!!!

結果発表

うん、まあ負けはいい。仕方ない。
勝敗は兵家の常っていう言葉もあるしな。
最初の負けは思い切り罵ろうと思ったけどまあいい。
問題は確率を確立と終始書いてるところだ。
こっちのほうがびっくりだ。
ちなみに原文ママ、だからな。
次回に向けて戒めとしてくれよな。
機種 時間 投資金額 回転数 大当り図柄 備考
バジリスク2 10:00 0
10:30 13000 310 ヤメ
北斗の拳~転生の章~ 11:00 256 256(256あべし)に着席
11:20 7000 410 ヤメ 610あべし
北斗の拳~転生の章~ 11:35 260 260(520あべし)に着席
12:00 10000 576 闘神演舞×9 1203あべし
12:20 70 ヤメ 1105枚
NEWアイムジャグラーEX 12:40 60 731G B2R4に着席
3000 171 REG
158 REG
35 BIG
166 REG
138 BIG
5000 266 BIG
2 REG
13 REG
118 BIG
46 BIG
88 REG
402 REG
25 REG
201 REG
113 REG
1000 260 REG
13 REG
57 REG
1000 173 BIG
98 BIG
62 REG
92 BIG
148 REG
96 BIG
3 BIG
59 BIG
249 REG
11 BIG
51 REG
1 BIG
41 REG
213 BIG
61 REG
72 BIG
72 BIG
143 REG
106 BIG
239 REG
222 BIG
330 REG
161 REG
73 REG
181 ヤメ 5852 B18 R24 1158枚
交響詩篇エウレカセブン2 20:45 290 3849ボーナス23AT23に
10000 576 白777
370 白777
21:45 10000 150 ヤメ

今回の収支

-15,000
100万達成まで、あと831,000