情熱マタドール大陸

情熱マタドール大陸
── マタドールとは闘牛士である。
スペインにおいて闘牛は国技とされ、その猛牛に挑む姿は尊敬されたという。
闘牛士が持つムレータという赤い布、牛はこの赤色を識別できておらず、単に動く布に反応しているので赤色である必要はない。
むしろ赤色に興奮するのは人間の方である。
── マタドールとはパチスロである。
日本においてパチスロはギャンブルであり、のめり込み過ぎる者にはリカバリーサポートネットワークが紹介されたという。
北電子のジャグラーが持つGOGOというランプ、多くのスロッターはその微妙なバリエーションに飽き始めており、もはやGOGOである必要はない。
むしろGOGOしているのは星飛雄馬と三船剛である。
かくして次のランプモチーフに牛が選ばれたのである(大嘘)
というわけで、今回は北電子の異色作「マタドール」の続編、「マタドールⅡ」についてお送りする。
猛る牛を告知音で表現したパチスロマタドール。機械が牛で我々が闘牛士なのか、はたまた逆なのか。

マタドールⅡスペック

BIGREG合成出玉率
設定11/2891/4551/17797.4%
設定21/2791/4401/17198.9%
設定31/2701/4281/166100.3%
設定41/2561/3861/154103.5%
設定51/2451/3581/145106.5%
設定61/2321/3291/136109.9%
BIGは最大312枚
REGは最大117枚
※数値はマタドールⅡ製品ページから引用
非等価が進むこの時代、積極的に狙っていきたい設定はやはり6だろう。
BIG中のスイカ確率、REG中のサイドランプに設定差があるらしいぞ!
細かいことはそういう数値を取り扱っている雑誌とかサイトを見てくれ!

インタビュー

1GAMEでマタドールを語らせたら右にも左にも出る者はいない。告知音にも負けないビッグボイス、ヨースケさんへのインタビューを行いました。

こんにちは、ヨースケさん。マタドール打っていますか?

むしろマタドールのほうから打たれにくるレベル。……ぶっちゃけⅡは初代ほどは打ててない。近所にない。

なるほど。稼働具合については後ほど掘り下げるとして、まずはマタドールとの出会いをお聞かせ下さい。

牛がランプの沖スロがある!という話を聞いてはいたのだが、初代が近所のホールに4台も設置されているとは。色モノ好きとしては触らない理由がない。

ちなみにそのホールはつぶれました。

そこでマタドールの魅力に取りつかれたのですね。ずばり伺います。マタドールの魅力って何なのでしょうか?

・なるなるモード
・ビビった分うれしいところ
・世界観
ハナハナのハイビスカスランプは「癒し」と言われるが、マタドールの牛ランプは「闘志」なのだよ。
眠れる猛牛を呼び覚ましそして打ち勝ったものに栄光が与えられるのだよ。

しーんモードは甘え。

まさに闘牛という事ですね。それでは稼働具合といいますか、闘牛具合(収支)を教えてください。

初代はうーん、たぶん金額はよほどマイナスだと思うけど、投資=闘志=闘士と考えると俺はむしろ勝利者なんじゃないかと思う。Ⅱは間違いなく浮いている。

えっ!Ⅱは勝っているんですか!?本当に??ヨースケさんが!!!???
失礼、取り乱しました。 どう転んでも勝者となれるマタドール、素晴らしいですね。

牛に挑む

打ち勝つんだよ、こう……わかる?こう…… と素振りするヨースケ氏

少し変わった質問をします。マタドールを親兄弟親戚に例えると誰ですか?

難しい質問をするね。間違いなく一番うるさいのは俺自身だけど。

ヨースケ自身がマタドールという名のパチスロ機というわけですか、なるなるモードとなるなるモードが搭載されているようですね。

そんな勝っているマタドールⅡは何点(100点満点)ですか?

完全告知ノーマルのデキとしては俺は90点以上あげていいと思う。いやマジで。
残りの10点の伸びしろはマタドールⅢに期待。

ところで、サン・フェルミン祭(エンシエロ=牛追い)に行ってみたくありませんか?

牛追い祭りにパチスロないでしょ?

やはり牛の方から迫ってこい、ということでしょうか。

マタドールでオススメの打ち方はありますか?

なるなるモードで、順押しorはさみ押し、バー狙い。
間違いなくこれが一番面白い。
というよりも、逆押し、中押しの制御がガバガバすぎて訳が分からない。

しーんモードは甘え。

しーんモードは甘え。

牛肉で一番好きな部位はどこですか?

ハラミ

最後にまだ見ぬマタドールファンへ一言お願いします。

いつか隣どうしでポヒーン!!ズガァン!!しようぜ。 ありがとうございました。

ヨースケさん、ありがとうございました。

見かけたらマタドールを打ちましょう

マタドールⅡは導入店こそ少ないが、平均設置台数は決して少なくない。
まさに連れ打ちに最適といえる台だろう。
アナタの街のマタドール、気が付いたら隣にヨースケさんが座っているかもしれません……。
誰も当たっていないのに大きい音がしたら、それはヨースケさんが放つ歓喜の声かもしれません……。
しーんモードは甘え。

それではマタドールⅢでまたお会いしましょう。ノス ベモス!