ちょっとJしてみませんか

第参拾六話「オワリのハジマリ」

皆さん、こんにちわ。
こうやって3年続いた冒頭の挨拶ボケを考える、そんな時間も今回が最後となりました。
どうも1GAMEのJKJです。

たまには真面目な事を、時には数値的な話を、ごくまれに開発ちっくなお話をしてみたり。
我ながら飽きやすい性格にも関わらずよく3年も続いたものです、ほんと。
ちょうちょならとっくに菜の花に飽いてさくらにとまってますね、ほんと。
さて。
最後だし、何書こうかな?なんて考えておりましたけど、考えれば考えるほどネタなんてものは振って降りてくるものでもないし、何となく感情として感じるのはこれを読んでくれている、やることが無い暇人星人(成人とかかっている)の皆さんへに対する感謝の気持ちです。

普段なら、感謝と顔射だぁ、グッヘヘヘ、と言いたいところですが今日は違います。
今日の私は真面目なターンです。

生きていく上では縁が重要」、というのが自論なのですが、例え仕事であってもプライベートであっても、人との巡り合わせというものはタイミングと運と縁で結ばれている、と思っている訳です。

てつさんの著書「パチスロ馬鹿が動画配信を始めたら再生回数が1億回を超えました」にもありますが、創設初期の1GAMEは「AKKY」「ヨースケ」「ごんざ」の3人です。
パチスロ馬鹿が動画配信を始めたら再生回数が1億回を超えました
著書、まだ読んでへんけど。

3人から始まったこのサークル的雑技集団もドカッと人数が増え、サクッと人数が減り、ゴリッと今残っている屈強なメンバーに昇華した、のが今ココな訳です。
この人と一緒に何かおもろい事をしたい」という当初の私の動機も、まぁ時を経てなおそのままであり続けている、ってのはてつさんのお蔭でもあり、その他のメンバーの影響のお蔭でもあると思います。
今や年に数回しか会わない、会えなくなったてつさんは、久しぶりに会った時にかわす言葉、会話の内容に、やはり色褪せぬ刺激を受けます。

同じ頻度でしか会えないヨースケさんには、豊丸産業株式会社とマルホンの新台営業資料をすぐにLINEし、お返しのコメントがいつもおやじギャグなので無視する、そんな関係です、今も昔も。

むちゃくちゃ会う頻度の高いガット石神、1GAMEで演者やる前からの遊び友達。
今や演者、カメラに編集とマルチタスクをこなすぽっちゃり坊主、もとい小林亜星。
たまに会うぐらいがちょうど良い、なぜならおもろい話をたくさん持ってるから。

ちょくちょく会うあおい君、「お久しぶりです~」って言いながらマイペースにビールをガバガバ飲んで、マイペースにグウグウ寝てる、それがあおい君。

公私ともに遊び相手になってくれるあきおちゃん、大好きなあきおちゃん。
たまにはパチスロ以外の遊びでも、とあきおが娘連れてきて一言目が「Jおじちゃんだよ~」だった事で信頼という目に見えぬ積み上げたモノが音を立てて崩れたゴールデンウィーク。
アキオダイキライ、ダイキライ、ダイキライ、ダイスキ、あぁ~。(モーニンング娘風に)

打ち合わせしてたら絶対に挨拶してくれるりんちゃん。
飯食いに行ったらすぐあきおと口げんかするジャギ君。
それ見て黙って笑ってるごんざさん。
さらにそれ見てちょっかい出す南極さん。
ブラクラ2しか打たない打てないジョニー。
いっちょ前に組織風な感じをかもし出しつつ今日も今日とて動画や企画を配信していくのです、それが1GAMEです。

全てはユーザー主体で業界を盛り上げたい、遊技人口を回復させたい、原点はこの一心です。

仕事の特性上、なかなか表に立たない私ではありますが、これからも何かおもしろい形で皆さんと接触&合体キモチイィしていけたら良いな、なんて事を願いながら最後の挨拶にしたいと思います。
稚拙なメモのようなこのコラムも早3年間、ありがとうございました。
コラムが更新される事はもうありません(頼む!無いであってくれ!)が、ガットなにがしと一緒に別の形で発信していく事はあると思うので、またその時にお会いしましょう。
それでは最後に、パイならパイなら。

おわり
ありがとうございました