ちょっとJしてみませんか

第拾七話「君の名は・・・『僕、1枚役』」

某月某日──
っていうか、毎月下旬。

1GAME内でまことしやかにこんなやり取りがとり行われているとか、いないとか。

Jさん、そろそろ今月のミカジメ、払ってね!(コラム提出はよ)

書くネタないんよなぁ、何書こうかしら・・・

元々のコンセプトがさ

(コンセプト)

俺が知りたい事をさ

(俺が知りたい事)

きっと皆も知りたいんだろう?がコンセプトだしさ

(きっと皆も知りたい)

でさ、ふと思い出したんだけど、昔は0枚役ってあったじゃん?今は1枚役が当たり前のように使われていたりするけど、0枚役はどこいったの?って。バーサスでタコ負けしながら、ふと思い出したんだ。

(バーサスでタコ負け)

ヨースケさんに聞いても、気がついたらすぐマタドールの話してるし

(ヨースケ、すマタ)

あきおとは、ぱちんこパチスロの話したくないし

(あきお、ちんこ)

てつさんに至っては、定時で仕事上がって沖ドキ打ってるらしいし

(ハゲ、上がり)

って事でリーチ目を作る為の1枚役は分かるんだけど、じゃあ何で2枚役じゃなくて1枚役なのか、0枚役はどこにいったのか、1枚役はリーチ目作成以外の役割を担っているのか、とか書いてよ。きっと皆も知りたいはずだから。じゃよろしくやっといてね。

とまぁ、こんな具合にコラムの内容が何となく決まっていったり、いかなかったりします。
なので、今回はパチスロにおける1枚役の役割、みたいな事を書いてみましょう。
あんまり事細かに書いても、分かる人と分からない人が出てくるのでなるべく直感的に読めて詳しくない人でも何となく分かるように書いていきますね。

1. そもそも0枚役はどこにいった?

ありましたね、0枚役。
でももう0枚役を用いる事は出来ません、規則での決まりです。

2. 1枚役は何がしたいのか?

1枚役をどのように使うか、にもよります。
5号機の規則で、ハズレを含む成立役が同じ場合、左・中・右リールを同じ位置でどんぴしゃで押下した場合、必ず同じ出目を止めなければなりません。
その規則を無視してる風に見せるために、内部的にボーナスが成立している時のみ同じ出目を止めず、スベらせたり、ビタ止まりさせたりするために1枚役をボーナス重複役として用いるのです。
アクロスシリーズ、A-SLOTシリーズに代表する1枚役がこの役割ですね。

3. 1枚役の他の役割は?

昨今は、目押しが必要な小役がまったく無いパチスロを作る事が出来ません。
GODや絆、ガルパンやダクセル系に見られるあのナメ腐った感じのリールがついたパチスロ機にありがちですね。
だもんで、目押しが必要な小役を作るために1枚役を用意したりします。

4. なんで2枚役じゃないのか?

2枚役でなく1枚役にしているのは、出玉率計算に影響を与えたくないから!
ってとこでしょうね、多分。
多分、って言い方をしているは明確な答えが無いから、ですw
出玉率計算上、数値に余裕があるなら2枚役でも3枚役でも構いません!
寡黙な名わき役、その名は1枚役。
少しでも1枚役に興味を持っていただけたそこのあなた。

いつもの見慣れた機種に座った時、液晶上にある配当表や、パネルに記載されている配当表を見てみると、また新たな発見があるかもしれません。

それでは今回はこの辺で。
ぱいなら、ぱいなら。